誰もが安価に済ませたいと考える仲介手数料とは何に必要なのでしょうか。

不動産の定義って?

不動産を手放す

必要でなくなれば、手放すと言っても、お金の受け渡しや登記などの手続きが必要ですよね。贈与であっても名義を変更しなくてはならないですから、専門の方の力を借りなくてはならないのですよね。
また、価格も売り手と買い手の双方が納得してこその契約ですしね。
その価格の折り合いなども専門家が入ってくれると、諍いが少なくなるのでしょうか。
また、仲介業者の方々は、継続的に安定した収入がないので、契約ごとの収入となるのでしょう。
賃貸契約を専門にしているところでれば、安定収入があるのかもしれないですが、金額が大きい物件の転売だけでの生計となると、よほど大きな金額でないと生計は立てられないでしょう。
そのために、日頃からの情報集取などには抜かりがないようにしているのでしょうか。ま、その経費も売り上げから税控除できますがね。

買う

建物は、新築や中古などの呼び名がありますが、土地は、新品も何もないですからね。
あえて、新品の土地というのは、池を埋め立てたというような、あまり歓迎要件ではないことでしょう。
そのような履歴は購入者へ伝えられるのでしょうか。
表面の地上にある建造物に目を奪われ、大雨の際に家が崩れてしまうというような事態にならなければ良いのですが。
実際にこのような事例もあるのですからね。建物だけではない不動産のことは、専門家の意見や見解を参考にしたいものですね。
そのため、仲介に入った方には、しっかりと説明をして頂きましょう。
また、誠実な人を選びたいものですね。誠実かどうかは、自分の目を信じて、冷静に判断する時間をいただけるということではないでしょうか。