誰もが安価に済ませたいと考える仲介手数料とは何に必要なのでしょうか。

売買する、所有権の移転の生業

新築専門業者

高齢者が暮らしていたんだろうと思われる戸建住宅が、更地になり、売りに出されると、もともと、一軒だった場所に、建売住宅が3軒から5軒が建築建されるのよね、私の周囲では。一昔前の家屋は、今よりも広くあったということですね。

デペロッパーという言葉を耳にしたことがあります。
建築物を建築するだけの会社で、販売となると、他の企業へお願いするという、役割分担と言うのでしょうか。
それぞれの専門的な知識とネットワークを駆使して、建築物を作っては販売すると言うやり方。
建物としても老朽化していくのですから、古い物件は壊して、新しいものを立てると言う、人の営みに欠かせないことだとも思うのです。
そこには、経済というルールがあるので、当然そのルールにのっとっての行動です。

中古物件専門業者

誰しも、新築の物件を好むとは限りません。そうです、私も新築のマンションに暮らしたいと思わず、中古のマンションを購入したのです。
それはね、新築で自治会なども新しい人同士で作り上げていくということを避けたのです。
人間関係の構築は、仕事だけで十分だという考えでもあったのです、当時はね。だから、ある程度、人間関係が出来上がっている中古のマンションを選択したのも購入理由の一つです。

そして、壁紙に使う接着剤が有害な空気を作り出すという噂もあったので、新築はやめにして、中古もマンションにしました。しかし、税法上、優遇される基準の物件にしたのです。
住宅所得控除などです。節税がのできる物件であるというのも決断をするのに背中を押されたのを覚えております。